マンション売却

マンションを売却して買い替えを行うタイミングとポイント

中古マンションを売る時にはリフォームするべきか

中古マンションとして自己所有のマンションを売る時にはできるだけ高い金額で売却をしたいものです。高く売るにはできるだけ質の良い状態で売ることが鉄則です。質の良い状態であれば需要が高く購入したいと考える人が多いからです。
ただ、そうはいっても売る建物自体は中古マンションですので、いくら質が良いといっても古さは感じます。そこで、築年数が20年ぐらい経過してしまっている場合にはリフォームをする必要があるかもしれません。中古マンションもリフォームをすることで新築のような造りにすることが可能になります。
ですが、リフォームをする場合にはお金がかかります。例えば、売値が500万円高くなってもリフォームに600万円かかってしまったとすれば100万円の赤字になります。もし、リフォームする場合には価値が増すようなカタチで行うべきです。ですが、どうしても価値を上げることに自信がなければ無理してする必要もないでしょう。買主によっては自分たちの好きなようにデザインをしたがっている人も少なくはありません。その場合には、できるだけ手を加えずに安く売ってしまった方がいいでしょう。買主にとってもそれが理想ということもあるからです。